Windows

パソコンのサポート店員がよく使うコマンドとは

Windows10の途中からコマンドプロンプトがPowerShellになった

こんな画面にキーボードで色々入力していたら気持ちはパソコンの先生ではないだろうか。筆者もパソコンの使い始め初期はそんな感じがして自分とは遠い存在だと思っていた。それでも日常のパソコン、特にWindowsを使う上で知っておいたほうが良いコマンドを3つ紹介したいと思う。

スタートボタンを右クリックするか「Winキー+X」で出てくる項目一覧に「Windows PowerShell(管理者)」があるので起動すると上の画像のような画面が表示されるので次から紹介する「コマンド」を入力すると色々実行される

1、sfc /scannow

パソコンが壊れているようではなさそうだけどなんだが遅い、アップデートも特に配信されてないし・・・そんなことが時々ないだろうか?そんなときは「sfc /scannow」と入力するとなんか色々動作しはじめてシステムの壊れている箇所を簡易的なものなら修復してくれるのがこのコマンドだ。あくまでも軽微なものなのでこれで治らないようならハード故障が致命的なシステムエラーの可能性が高い。そのときはあきらめよう。

2、ipconfig

ネットに繋がらないそんなときはこのコマンド。機械としてつながっている場合は接続されているIPアドレスが表示される。表示されないなら完全にネットには接続していないのでネットワークアダプターやルータの故障やプロバイダー、回線事業者のトラブルの可能性が高い。

3、exit

言わずと知れたWindowsの窓の右上にある「×」の代わりにこのコマンドを実行するとPowerShellが終了する。ただそれだけ。なんかこのコマンドで終了すると「自分パソコン詳しい」ような気分になる。ただそれだけ。

以上3つのコマンドを紹介しましたが、店舗レベルのサポート店員の実力なんかはそんなもんです。なので電気屋さんの店員にあまりつっこんだ説明を求めても希望する情報が手に入らないことが多いというのは間違いではない。

-Windows
-, ,

© 2021 Ritaの部屋 Powered by AFFINGER5