IT ガジェット

テレワーク、在宅ワークに必要なもの、あると便利なもの【おすすめアイテム】

ここ最近COVID-19、いわゆるコロナウイルスでテレワーク、在宅勤務の単語をよく聞くようになりました。

そんなテレワークですが意外と皆さん必要なものと言われると「?」になる方が多いです。

テレワーク 必要なもの

テレワーク、在宅ワークに必要なもの、あると便利なもの【おすすめアイテム】

参考までにテレワークとは

  • 在宅勤務
  • モバイルワーク
  • サテライトオフィス勤務

のことを指しており、今回は在宅勤務について記載します。

悩んでいる人
テレワークって何が必要なの?

今回はそんな読者に必要なものとあると便利なものを紹介します。

筆者の職場でもよくテレワークに必要なものや便利なものを買いに来たのはいいですが、何を買ったらいいかがふんわりとしか分からず聞いてくる方が結構多いです。

テレワークに必要なもの

テレワークに必要なもの、それは

必要なもの

  • パソコン
  • ネット回線

基本はこれがテレワークには必要なものですね。

仕事に使うパソコンになるためしっかりとしたものを使用してください。

しっかりとしたものとは、Windowsアップデートが最新のもので、セキュリティソフトが設定されているものを使用してください。

可能であれば会社などで指定されたものが好ましいですね。支給されているものがあればベストですね。

ネット回線は固定回線の優先接続がベスト。

auひかり
ドコモ光
ソフトバンク光

この辺りがそれぞれのスマホユーザーならテレワークで使用をおすすめします。

頻繁にスマホを乗り換えていたり、その予定がある方は実はこれらキャリアの固定回線はおすすめしません。乗り換えの際に不要にはなりませんがメリットがなくなります。

そんな場合はNURO 光が高速ですのでおすすめします。

なんと最大2Gbpsの高速回線です。

また都内の一部地域は過去の記事でも紹介していますがフレッツ光クロスサービスが開始しているのでこの機会に変えてみてもいいですね。

フレッツ光クロスはまだサービス開始直後のため対応機器がすくないですがぜひ参考にしてみてください。

もし部屋までLANケーブルなどを引き込めない場合はWi-Fiでも大丈夫ですが、電波のため他の電化製品の影響を受けたりして安定しないこともあります。

その場合は最近ではメッシュWi-Fiルーターを導入するとよいですね。かなり安定します。

メッシュWi-Fiルーターとは複数の中継器が網目のように電波を送受信し使う場所によって最適な中継器に繋がる技術を搭載したルーターのことです。

ちょっとお高い機種が多いですが、環境が悪いと効率も落ちるため職場環境を整える意味でも電波状況が悪い場合は導入してみてください。

テレワークにあると便利なもの

テレワークにあると便利なもの、それは

便利なもの

  • ヘッドセット
  • デュアルディスプレイ
  • スマホスタンド
  • ウェブカメラ

ヘッドセット

ヘッドセットはテレビ電話会議などする際にパソコンのスピーカーから音声が出て、家族や同居人に聞かれることを防げます。またヘッドセットのマイクは基本的に装着者の音声しか入らないためこれも同居人や家族の声が入ることを防げます。

デュアルディスプレイ

デュアルディスプレイに関しては作業を効率化するためにあると便利です。資料表示用のモニターと作業用が分かれているだけでかなりの効率化につながりますね。

最近のノートパソコンの場合だとHDMIの出力端子やTypeCの端子がついているためテレビと接続したり、また同サイズ程度のパソコン用モニターがあればいいのですが、最近では15.6インチのモニターは少数なので少し大きめのものになるかと思います。

最近ではUSB接続のパソコン用モニターもあるためノートパソコンであればこういったものも便利です。サイズも15.6型、かつ脚がないためノートパソコンと並べて設置することもできますね。

スマホスタンド

またスマホスタンドに関してはスマホを立てかけておくことができるため、仕事中の連絡や用事がある際にすぐ見えるので便利ですね。

また、最近はやっているオンライン会議システムの「ZOOM」なんかはスマホでも使用できます。最近はテレワーク需要でウェブかめらや有線のヘッドセットが品薄だったり、品切れだったりすることが多くなってきました。

急ぎでそういったものが用意できないのであればスマホスタンドを使用しつつスマホでテレビ電話会議するのもありですね。スマホならカメラもスピーカーもマイクも備えているのでスマホ一つでできてしまいます。

ウェブカメラ

ウェブカメラは最近のノートパソコンであればほぼ搭載はされていますが、画質があまりよくなかったり、角度や向きを変えるときはパソコンそのものやディスプレイの角度を変えないといけなくなるためそこそこの画質を求め、また利便性を考えるのであれば外付けのウェブカメラがあると便利です。

 

以上がテレワークで必要なもの、あると便利なものでした。

他にも長時間座ることが多くなると思うので椅子やテーブル、机なども自分に体にあったものを使用することが長時間仕事するのには必須かもしれません。

今回記載したものはあくまでも基本的なテレワークに必要なもので、職種や業務によっては他にも必要なものが増えたり、微妙にちがったりするので確認だけはしてからテレワークをお願いします。

また、カフェなど公共の場で作業や仕事をする場合は横横などから見えなようにするプラバシー液晶フィルムなどを貼ることも必要になってくると思います。

おまけ

ビデオ会議する際は背景に気を付けたほうがいいかもしれません。

会社の身内、特に同じくらいの役職や気心が知れた仲間なら良いかもしれませんが、上司などの目上の方たちとテレワーク中にビデオ会議する際に背景、つまり部屋の中がちらかっていたり、趣味のポスターなどが貼ってあり見えてしまう場合が結構あります。

笑い話になる程度であればいいのですが、そうでない場合もあるためテレワークで必要なものというよりは気を付けたほうがいいかもしれませんね。

ここ最近では家の中でワークスペースを作るための個室キットみたいな商品もあるようですね。

 

個室テントは家族がいる、パーソナルスペースがないサラリーマンにはすごい便利なものかもしれませんね。

以上がテレワークに必要なもの、あると便利なものの紹介でした。ぜひ使ってみてください。

 

 

 

 

-IT, ガジェット
-, ,

© 2021 Ritaの部屋 Powered by AFFINGER5