スマートフォン

【4G】5Gって結局何なの?早いの?どのくらい早くなるの?【3G】

最近何かとよく聞く5Gっていうことば。インターネットの速度が早くなるとは言われているけどいったいどのくらい早くなるの?どう変わるの?

そんな疑問にかるーく説明します。専門的な言葉や用語でつらつらと書くと理解しにくいと思うので例を挙げながら説明したいと思います。ちなみに5Gとは「第5世代移動通信システム」のことです。第5世代、5th Generationの略ですね。

■超高速

理論的な最大速度は20Gbpsと言われています。ちなみに現在の4Gの理論値最大速度は1Gbps強と言われておりおおむね20倍程度の最大速度となります。つまりめっちゃ早い。現在の4GではYoutubeなどの動画サービスを見るときは少しづつダウンロードをして視聴するストリーミング形式となっているため再生しながらトンネルの中などの一時的に圏外エリアになると再生が止まってしまっていたが、一瞬でダウンロードできるようになるためダウンロードしてから再生が主流になるかもしれない。

■超多数同時接続

今までは1k㎡あたり10万台が同時に接続できたが5Gでは100万台が同時接続可能になります。つまり?今までは超混雑エリアなどで通信速度の遅延や接続できないなどの障害が発生することがあったが、5Gではほぼなくなると思っていいかと。また今までは同時接続できる上限があったため接続できなかったものが接続できるようになるかもしれない。今でこそスマートウォッチが少しづつ普及してきているがそれそのものに通信機能がついたものが増えると思われます。ベルトとか眼鏡とか、靴とかにも組み込まれるかもしれませんね。

■超低遅延

1ms程度の遅延になるといわれており、身近なところだとeスポーツやクラウドゲームなどのゲーム関係や医療関係でいえば遠隔での手術などの信頼性が増すためより高度の技術をもった人が現地に行かなくても作業ができることが増えるといわれている。

以上がメリットの内容となってくる。しかしながらメリットだけではなくデメリットも当然出てくる。

同時接続台数が増えることにより、セキュリティホールの絶対数の増加や攻撃を受ける対象が増える。また、それだけ早い回線になればそれだけ情報収集もされやすくなるため意図しないデータの収集に遭遇する可能性も増えてしまう。

基本的にしばらくは超高速、低遅延だけがメリットとして使えるだけだと思うのでデメリットが表に出てくるにはまだ先のことでしょう。

-スマートフォン
-, , , ,

© 2021 Ritaの部屋 Powered by AFFINGER5