スマートフォン

【簡単】格安スマホの乗り換え契約【難しくない】

前回は準備編を紹介しましたが今回は実際の契約などの行動編になります。乗り換えの際に必要になるものの紹介します。

  1. MNP予約番号
  2. 本人確認書類
  3. クレジットカード
  4. 対応するスマホ、SIM
  5. 1時間程度の時間

になります。

1、MNP予約番号

携帯電話の電話番号を維持したうえで乗り換える際に必ず必要になるものになります。現在使用している携帯電話会社から発行してもらうことになります。

ドコモ

ドコモ携帯電話からは「151」、それ以外の場合は「0120-800-000」それぞれ、朝9時~20時が対応時間となります。

もしくはdアカウントのページ、ドコモショップでも発行可能です。

自分がした場合は電話からするのが楽でした。電話の場合にデメリットがあるとすれば時々引き留めにあうことです。機種変更の際に使用できるポイントあげるからやめないで~的なことを言われる場合もあります。店舗の場合は現在予約制なこともあり面倒なのとここでももしかしたら引き留めにあう可能性があります。

AU

AU携帯電話、その他電話共通で「0077-75470」になり、時間もドコモと同じで9時~20時が受付時間となります。

もしくは「My AU」からの受付が可能です。これもショップでも発行可能です。

AUも電話だと引き留めにあうことがあり、ドコモより引き留めにあう人が多い気がします。これももっとお得なプランがありますよ~や機種変更のみに使えるポイント差し上げますなどの引き留め方がある模様です。

Softbank

Softbank携帯電話からは「*5533」その他電話からは「0800-100-5533」になり時間はここも9時~20時となっております。

Webからの発行は「My Softbank」からの発行が可能で時間が9時~20時となります。

店舗でも発行可能です。ユーザーが少ないからかSoftbankは引き留めの話をあまり聞きません。0ではないと思いますが、去る者追わずの精神でしょうか。

総評すると

電話でもWebでもMNP予約番号の発行時間は朝9時から夜20時となっているので仕事終わってからとかでは厳しいかと思います。休みの日に落ち着いてすることをお勧めします。予約番号は発行から15日間が期限となっていますが、もし忙しく乗り換え手続きができなかったとしても問題ありません。再発行可能ですし今の携帯電話が使えなくなることもありません。

2、本人確認書類

  • 免許証(現住所記載のもの)
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 保険証+補助表

上記のいずれかが本人確認書類で一番楽かつ一般的なのは「運転免許証」になります。Webで受付の場合は写真で撮り、アップする必要があるので、裏面に住所記載されている方は忘れずに撮ってください。それ以外だと担当によっては「?」になる場合もあり注意です。

3、クレジットカード

月々の支払などの登録に使います。口座引き落としもできるところもありますが、確認に時間がかかったり、エラーがでることがクレジットカードと比較して多いためクレジットカードをお勧めします。

4、対応するスマホ、SIM

可能であれば事前にSIMロック解除しておくことをお勧めします。また以前の記事でも記載したように現行のiPhone,7以降であれば各電波対応しているため電波も気にしなくて済みます。

それ以外のAndoroidスマホを使用する際はそのスマホがどの周波数対応しているかを確認してから乗り換えるか、同じ回線を使う格安キャリアに乗り換えをお勧めします。

また、最近はnanoSIMでほぼ一択ですが、少し古めのスマホを使いたい場合は対応するSIMカードを間違えないようにしてください。SIMカードのサイズは3種類、SIM、microSIM、nanoSIMがあるため自分のスマホは何かを念のため確認しておいてください。

5、1時間程度の時間

焦りは禁物です。初めての方なら3時間程度は余裕をもって契約に挑むことをお勧めします。特にMNP予約番号のに時間がかかる場合があります。節目節目の時期となると乗り換え検討する方が多くなるためなかなかオペレーターに繋がらないからです。また時間に余裕がないと焦って失敗やミスが発生するので最低1時間、可能なら3時間は余裕をもっておくことをお勧めします。

UQモバイルやYモバイルは店舗でも申し込みできるところが多いですが店舗のほうが時間がかかることが多い傾向にあるようです。おそらく約款などをしっかり説明するからだと思いますが。

以上が乗り換え申し込みの流れになります。また既存のキャリアでは乗り換えが成立した場合はMNP予約番号の発行手数料3,000円程度がかかります。また乗り換え先でも新規契約の事務手数料やSIM発行手数料がおおよそ3,000円~かかります。なので乗り換えもとが契約更新月だったとしてもMNP予約番号の発行手数料と新規契約事務手数料などて6,000円くらいは最低発生するので覚えておいてください。

-スマートフォン
-, , , , , , , ,

© 2021 Ritaの部屋 Powered by AFFINGER5